2006年08月02日

〜三連休〜潜入!!青森伝説”杉沢村”探検!??ー青森編ー2日目前編

2日目(7月24日)・・・・

IMGP0088.JPG
朝食はバイキング。メニューはハワイ独特料理はなく、どのホテルでもよく見かけるごく普通のバイキングである・・・・。

AM8:30ハワイアンズホテルから出発。高速道路のいわき湯本ICに入って青森の浪岡ICまで一直線走る。予定では途中に仙台を寄って牛タンを食べるつもりだったけど、時間的余裕がないのでボツにして青森までまっすぐ走る事にしたのである。タケとパーマは運転交代しながら走っているが、オレは何もしないで窓で景色を眺めながら寝ていた・・・。


PM3:40、福島のいわき湯本から約6時間30分かけてようやく青森の浪岡ICに到着。浪岡ICに降りて青森伝説”杉沢村”へ向かった。。

青森伝説”杉沢村”とは??

オレが解説しよう。昔、青森の何処かに「杉沢村」と呼ばれる村があった。

この村に住んでいた若者が、突然発狂し、杉沢村の住民を惨殺。

村人をすべて殺害したあと、自らも命を絶った。

この事件を重く見た行政は、事件を隠蔽するために、

この村があった場所を青森市と合併し村そのものの存在を抹消、さらには大量殺人の事件も隠蔽した。

しかし、地図上では杉沢村の存在が消えているが、

今でも、この村が存在していたところは当時のまま残されており、

この村に近づくと、おかしくなったり、霊に取り付かれたりする。

さらに、杉沢村の入口には古い鳥居があり、その下にはドクロのような形をした石があるという。そこは心霊スポットとして知られており、入った者は出てはこれないといわれており、数年前ここに侵入した若い男女が杉沢村に入った後、杉沢村から一生出る事はなく永遠に迷い込んで行方不明になってしまったという・・・。

噂があちこち出ているので、真相を確かめる為に杉沢村を探検する事にしたのだ。。ところが、突然カーナビの調子がおかしくなってしまう。
IMGP0093.JPG
道がないのに、あり得ない方向を進んでいる・・・・・もしかして杉沢村の呪い???笑

情報では青森空港の近くの周辺に杉沢村があるというので探索した。


一時間後・・・・

タケ「おい!止まれ!例の鳥居があったぞ!」

つ、ついに、
IMGP0101.JPG
例の鳥居を発見。

CIMG0038.JPG
もしかして・・・・
IMGP0099.JPG
ドクロの形をしていた石??ここは間違いなく杉沢村の入り口??
CIMG0035.JPG
早速ジャージを着替えて杉沢村へ潜入。。
IMGP0105.JPG
歩いて1分後、いきなり怪しげな小屋を発見。
IMGP0106.JPG
この建造物は杉沢村と関係なかったようだ・・・。
IMGP0107.JPG
この花はアスパラ??バカにでっかいの見たことがないな・・・・。
IMGP0114.JPG
途中に道が二つ分かれていたので最初に左の方へ進む三人だが・・・
IMGP0112.JPG
行き止まりだった・・・・。「右が正解かな?」と思ったら右の道も行き止まり・・・。こうして八方塞がりになってしまった。これ以上進むと遭難に遭ってしまう危険があるのでやむを得ず探索を打ち切りにした。


青森伝説”杉沢村”の探索を始めてわずか22分で杉沢村の真相をつかめないまま探検を終了・・・・。


それってわざわざ青森に来た意味がないじゃん・・・・・汗

IMGP0118.JPG
次は青森駅付近のデパート内にあるレストランで腹ごしらえ。。
IMGP0120.JPG
駅内を寄ってみた。。14年前(当時8歳)青森駅に訪れた記憶があるけどやっぱり駅内の周辺は変わっていましたね。。(当然だろー)

パーマの出身地は青森なので青森市街を観光案内してもらった。
IMGP0126.JPG
青森市街。

IMGP0121.JPG
パーマ「一番奥にある建物はピラミットみたいな形をしているだろ?それがアスパムってゆーんだよ。」
IMGP0123.JPG
あれ?この建物見たことがある・・・・記憶の断片が・・・・・

「あっ・・・・やっと思い出した・・・アスパム、ガキの頃に行った事あったわ。ほんまに懐かしいなぁ・・・・。パーマ君、オレが忘れかけていた記憶を思い出してくれてありがとう。」と言って青森市街をあとにした。。

               

                     つづく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。